忍者ブログ
文学部で使う共通ブログです。無断転載・複製等禁止!!
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [149]  [148
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、朔晴です。

初お題UPですよ・・・(汗)





オレは、レッド!

オレはリーダー!!

なのに、誰もオレの言うことなんか聞ききゃしねェんだ。

ったく、何でだよ!?

オレだって、一生懸命リーダーとしての勤めを果たそうとしてんだぞ!

少しは協力してくれたって、いいじゃねェか!!











01 熱血レッド











「―――と、言うわけで、今日集まってもらったのは、ほかでもない。オレ達が戦う理由についてだ。意見があるやつ挙手な。」



静かな空気、「なんで今更~」「分かりきってんじゃん」など聞こえるが、オレは聞かなかったことにする。



「そんなの、話し合うまでも無い」

「まぁ、そう言ってやんなって、ブルー。レッドも一杯一杯なんだよ、きっと。」

「イエロー、止めるな。あいつは止まるところを知るべきなんだ」



ブルーとイエローが話していることは放っておいて――。



「はい。」

「はい、ブラック。」



オレは真面目に手を上げたブラックを当てる。



「自己防衛」

「―――」

「ヤツラが襲ってくるから、自分の身の安全を守るために戦ってる。」

「――そうじゃなくてだな――、もっと、ほら、一般的に、な?」

「えっと、じゃあ、――わからん」



―――コイツにまともな答えを期待したオレが、馬鹿だった―。



「はい!」

「はい、ピンク」



ピンクならまともに答えてくれそうだな――。



「私は、私のファンのために戦ってるの!応援してくれてるみんなは守らないといけないものね!ファンサービスの一環よ!」



――そうだった。こいつの表の顔は、超人気アイドル歌手。

そして―――。



「それにね、私のCDとか、グッズとかを買ってくれる人が減ると、私の儲けも減っちゃうのよ!そんなのいや~!!」



―――そして、本性はお金やブランドものが命の次に大切なやつ。

いつも思うけど、本性知ったら百年――いや、千年の恋もさめるだろうな。











オレが意識を飛ばしている間に、ダベリ会と化していた。

これじゃあ駄目だ!

正義のヒーロー失格だ!!

オレが、何とかしなくては!リーダーとして!!



「はい、注目!」



なんとか、4人の意識を集めることに成功。



「いいか、オレ達が戦う理由は―――」

「自己防衛!」

「お金!」

じゃねェよ!!



ブラック、ピンクめ邪魔すんなってんだよ(怒)

反射的につっこんじまったじゃねェか――(汗)



「いいか、オレ達が戦う理由はな――“世界のため”なんだ。オレ達が、やつらの進攻を食い止めなかったらな、世界は滅びるんだぞ?オレ達は“正義のヒーロー”なんだぜ?子供達の憧れの的だぜ?平和な世界を取り戻すために戦うんだろ!」



と、ブルーが手を上げた。――珍しいな。



「何だ?ブルー」

「ヤツラの目的は、そもそも何だ?世界正服か?人類滅亡か?そんなことしてどうする?する必要性が感じられない。それに、ヤツラが本当に悪なのか?ヤツラは他の星からやってきて、何かを警告しようとしているだけなのかもしれ―――」

んなこた、どーでもいいんだよ!



ブルー、頼むから今は議題から逸らさないでくれ!ってか、何でそんな考えにとぶんだよ!!



「問題なのは、ヤツラのせいでオレ達人類が被害を被ってるってことだ!ヤツラを野放しにしてみろ、未曾有の大惨事決定だぞ!?それを防ぐべく、オレ達は戦ってんだ!だから、オレ達が正義!文句あるか!?

「レッドの言う通りだ!ヤツラを倒そう!!」



イエロー――お前だけだ、オレに共感してくれるのは――。

ブルーは「はっ、何言ってんだコイツ――」みたいな目でオレを見るし、

ピンクは化粧直してるし、

ブラックは――理解不能な行動とってるし――。

お前等「人の話は最後まで聞け」って親に習わなかったのか!?



「お前等――、世界の平和のために身を犠牲にしようとは思わないのか?お前等にはボランティア精神と言うものがないのか?」

「私、タダ働きなんて大っ嫌い」

「犠牲の上に成り立つ平和に、何の意味があるのか――」

「ヤツラは、もしかすると俺達の後進文明に新たな希望をもたらすために表れたのかもしれないというのにか?」

「俺は思うぜー!――でもさ、ぼらんてぃあって何?」



―――だぁあああああ!こんなんじゃ駄目だぁあああ!!こんな正義のヒーローあってたまるか!!

オレが頭を抱えたその時、



突如ウィーン、ウィーン、ウィーンという警戒音と共に赤いランプが点滅した。

こうなったら、強行手段しかない!!



ヤツラが来た!いくぞ、みんな!!オレ達の手で世界を守るんだ!!

「オー!!」

「「「・・・お~」」」











オレはレッド。

オレはリーダー。

この頼りない4人を率いて、今日も敵との戦いに臨む!

目的はただ一つ!世界の平和を守るため!!

















・・・なれないことをするもんじゃありませんね。

でも、まぁ、このお題はこんなノリで書いていこうと思っています。



あ、「――」←これは、都合により「・・・」の代わりに使っています。





それでは・・・(_ _)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/22 菊桃]
[04/21 ぜろはち]
[04/21 夜志]
[04/20 最中]
[08/03 菊桃]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]