忍者ブログ
文学部で使う共通ブログです。無断転載・複製等禁止!!
[128]  [127]  [126]  [125]  [123]  [122]  [121]  [120]  [118]  [117]  [116
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

これは、『何より大切な貴方へ・・・』と対で作りました。


君が囚われのお姫様なら、俺が盗みに行こう。

君の隣にいるべきなのは、俺だろ?

君も望んでくれただろ?

あの日の約束。



“ずっと、いっしょにいようね”



十年以上の時が流れたけど、俺は今でも忘れない。

あの時の花のような、君の笑顔。

今でも重なって見えるんだぜ?

笑いたければ、笑えば良いさ。

それくらい、俺は君が愛しいんだ。







年を経ると、身分の差を知ってしまう。

君は、一国の第一王女。

弟一人、妹一人。

俺は、しがないパン屋の息子。

兄一人、姉一人、弟二人、妹一人。

傍に居ても、身分の差はバベルの塔より高いじゃないか。







何故、出会ってしまったのだろうか。

苦しむことは無かったはずなのに。

同様に、こんな強い思いを知ることも無かっただろう。

何故、出会えてしまったのか。

運命の優しさは、残酷さと紙一重だ。

何故、この時代に生まれてきたのか。

何時の世に生まれようとも、惹かれあうに違いないけれど。







前世からの縁どころではない。

これは、もう、魂の繋がりなのではないだろうか。

赤い糸なんてベタだけど、

それよりもよほど強いであろう、この絆。

それを感じるからこそ、俺は今、盗人になろう。

君をこの腕に抱きしめるために。










どうも、朔晴です。



これは、『何より大切な貴方へ・・・』と対で作りました。

そちらは、"君"の視点です。



それでは・・・(_ _)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[04/22 菊桃]
[04/21 ぜろはち]
[04/21 夜志]
[04/20 最中]
[08/03 菊桃]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]