忍者ブログ
文学部で使う共通ブログです。無断転載・複製等禁止!!
[86]  [81]  [80]  [78]  [74]  [73]  [72]  [71]  [68]  [65]  [64
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近,「夏の庭」という本を読んだので紹介します。
作者は湯本香樹実さんです。

―あらすじ―

町外れに暮らすひとりの老人をぼくらは「観察」し始めた。生ける屍のような老人が死ぬ瞬間をこの目で見るために。夏休みを迎え,ぼくらの好奇心は日ごと高まるけれど,不思議と老人は元気になっていくようだ―。
いつしか少年たちの「観察」は,老人との深い交流へと姿を変え始めていたのだが・・・。喪われ逝くものと,決して失われぬものとに触れた少年たちを描く清新な物語。

―感想―

「死」をテーマにした青春小説みたいな感じです。主人公は小学生なのですが,たまにはっとさせられるような台詞を言ったりします。
人は皆いつかは死んでしまうということを思いながらも前を向いて歩いていけたらいいなあ・・なんて思いました。
やさしい雰囲気の漂う話で,最後のシーンは寂しさもあるけれどさわやかな感じで良かったです。
機会があればぜひ読んでみてください。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/22 菊桃]
[04/21 ぜろはち]
[04/21 夜志]
[04/20 最中]
[08/03 菊桃]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]