忍者ブログ
文学部で使う共通ブログです。無断転載・複製等禁止!!
[318]  [317]  [316]  [315]  [314]  [313]  [312]  [311]  [310]  [309]  [308
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こんにちは(゜∀゜)ノ
最中、改め、深影(みかげ)でございます。
1年生のみなさんはまだPNと顔が繋がらないとは思いますが、今後ともお見知りおきを。

いやぁ・・・、本当に久々の更新なので若干何を書いたらいいのか分かりませんが、とりあえずマイブームのことなんぞ語っておきたいと思います。

※過度に自重してないので、妙な高いテンションに注意してね

実は私、最近もっぱら『三国志』にはまってまして(^^;)
・・・ま、まぁはまったきっかけは某アクションゲームなのですが、そんなことはどうでもいいこと。

とりあえず、三国志はほんといいですよ!
図書室で小説(?)を借りて読み続けているのですが、怒濤の展開がホント燃えます!!
文化的な違いなのか、所々首をかしげてしまうような場面もあるのですが。

やはり、三国志でもっとも大きな戦いと言えば赤壁でしょうか。映画にもなってますしね。
いやいやいや!!!
ちょっと待って下さい!!!
赤壁の戦いももちろん燃えます!色々な意味で!
でも、やはり『長坂』が一番好きなんですよ!私は!!!(何
長坂を知らずして赤壁が、いや三国志は語れません!!!!
長坂の最大の見せ場は、趙雲の単騎駆けと張飛の仁王立ち。
あーーーーっ!!!!!もう格好良すぎる!!!!!
特に趙雲の単騎駆けは三国志の中でも私が最も好きな場面でして。
魏に襲撃を受けた劉備達が、長坂を民達を連れて逃げるんですが、その最中、劉備の妻と息子である阿斗とはぐれてしまうんです。
趙雲が助けに向かう訳なんですが、皮肉にも夫人は阿斗を趙雲に託して息を引き取ってしまうんです。
その後、趙雲が阿斗(赤ん坊)を抱えて単騎で敵軍の中を駆けて行くのがもう・・・っ!!!
漢前にも程があるだろぉおぉおぉぉぉ!!!!!(おちつけ
でも、その後趙雲が命からがら劉備の元に届けた阿斗を、投げちゃうんですよ。
ええ、劉備様が^^
でもですよ!それにはきちんと理由があるんです!!!!
命をかけてまでこうして自分や阿斗を守ってくれる趙雲やその他の蜀将に、「息子よりもお前達の方が大切なんだ」って示してるわけなんです。
なんて素晴らしい主従愛っ!!!

その他にも、関羽や諸葛亮、馬超に黄忠、徐庶や孫乾。
劉備の元にはホントに忠義の士が多いんですよね。流石は仁徳の人。
やっぱりカリスマ性があるんでしょうね。

あと、曹操も好きなんですよ、私。
演義ではべったべたの悪役に描かれてる曹操なんですが、ホントに兵士達を愛して大切にしてるんですよね。
だから、蜀に負けず劣らず忠義の士は多いんですよ。
特に典韋は最期の最期まで曹操を身を挺して守るんです。
これぞ漢だ!!!!!
その他にも、曹洪や夏侯惇、夏侯淵、許楮、張コウ、張遼、徐晃、郭嘉、荀彧・・・等々。


あぁ~・・・まだまだ語り足りないんですけど、キリがなくなりそうだし、なにより文章が一層はちゃめちゃになりそうなのでこのくらいで。
・・・呉のことも色々語っておけばよかった・・・orz
ちなみに、呉では太史慈と魯粛が好きです←
その他では呂布軍の高順、陳宮とか。・・・あれ?マニアック?

では(゜ω゜)ノシ
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/22 菊桃]
[04/21 ぜろはち]
[04/21 夜志]
[04/20 最中]
[08/03 菊桃]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]