忍者ブログ
文学部で使う共通ブログです。無断転載・複製等禁止!!
[192]  [191]  [187]  [186]  [185]  [184]  [183]  [182]  [181]  [179]  [177
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうも、朔晴です。
お題04UPです。

はあ~いv

みんなのアイドル、ピンクで~すっv

ファンのみんな~!みんなの心を射止めすぎちゃって、ゴメンナサ~イ。

   ≪「貴女は悪くありません!悪いのは僕ら射止められてしまったほうです!!」byファン一同≫

でもねぇ、チームのみんなは、私を振り向きもしないのよ?

何でみんなは私の魅力に気づかないのよ!?

ホント、信じらんない!!

   ≪「「「「―――そりゃ、お前の本性知ってるからだって。」」」」≫











04 お色気ピンク











今日も私は多忙な日を送っているの。

マネージャー曰く、

「本日の予定は、

 9:00~9:30 本日のスケジュール確認等。

 10:00~11:20 新曲レコーディングの打ち合わせ。

 12:00~12:45 移動中に車内で昼食。

 12:45~13:20 楽屋

 13:30~14:40 TV番組収録

 15:00~18:00 次回のコンサートの企画話

  となっております。」

だってさ。

あぁ~、もう、ホント、忙しすぎて嫌になっちゃう―――とは言わないけどね。











ふぅ~、TV収録ようやく終わったわ。

さて、次は―――。



お決まりになってきた、腕の端末が鳴った。



――今日は、まだましな時間帯ね―――。



ブルーの場所を告げる声が聞こえた。



あら、結構近いわね―――しょうがないわ。行きますか。

私は走ってスタジオを後にした。

途中で、マネージャーが止めようとしたけれど、なんとか強行突破。

ゴメンナサイ。ここ半年ほど、迷惑かけっぱなしだわ――。

戦いが終わったら、絶対に何かあいつらから御礼もらって、お詫びしなきゃね。

さて、急がなくちゃ。



今日は、私の仕事場に近いわ=私のファンの子がいるかもしれない=まきこまれて人数が減る=収入減少―――。

そんなのいやよ!!



私がファンの子を助ける、または心配して近寄る=好感度UP!=人気上昇!=収入増加!

そうよ!これが理想のシナリオ!

待っててね!私がいま助けに行くから!











私1人が先に着いちゃったみたい。

ほかにいないわ―――ッチ!



「そこのお前、何者だ!」

「え!?わ、私っ、ですか?」



見つかっちゃったじゃない!どうすんのよ!私1人じゃ倒せないわよ!!



「――おっ―お前―――名は?」

「え―――、私の、名前、ですか?」



何、コイツ。様子がいつもと違う―――。



「他に――誰がいる―――。」

「――――――」



よく見てみれば、コイツ、かなり人間に近い形してるわね。



「早く、答えろ!!」



なんかおかし―――あ!もしかして――。



「私、モカっていいますぅ。」



モカは私の芸名。

コイツ等に嘘をついたらいけないとは思わないけど、偽名でも私の名前よね。



「モカ?」

「そう、モ・カv」

「―――――!!」



あ、慌てた慌てた。やっぱりコイツ、私に惚れてるんだわ。正直ビミョーね。



「ねぇ、貴方ってぇ、モカのことぉ、好きだったりするのぉ?」



首を縦に振った。



「じゃぁ、モカのためならぁ、何でもできちゃったりするぅ?」



再び首を縦に振った。



「んー、じゃあ、モカのためにぃ、自爆してくれな~い?お願~い」

「わかった」



次の瞬間、爆音がした。



「―――まさか、ホントに自爆してくれちゃうなんて――。」



私は少し驚いたわ。

―――なんておバカなの。(黒笑)



「おーい!」



いきなり後ろから声が聞こえて、振り返ったら、みんなが駆け寄ってきていたから少し驚いちゃった。



「ピンク!」

「無事か?」

「今の爆発何~?」

「―――爆発させた?」

「一度に聞かないでよ。どこから見てたの?」

「―――自爆が―。」



ほとんど聞いてなかったのね―――。

まぁ、いいわ。



「私、時間が無いから、詳しいことは後でね。大雑把に言っちゃうと、アイツ私に一目惚れしちゃったみたいでね、“自爆して、お願い”って言ったら自爆してくれたの。どう、私の魅力にちょっとは気づいた?」

「は?」

「なっ!」

「すっげー!」

「―――ものずき」



ん?今、何かブラックが失礼なこと言った気がするけど――、やばっ、時間無いわ!



「じゃあ、また今度ね!」



そういい残して、私はその場を走り去ったわ。

さぁ、またお仕事がんばらなくちゃ!











ピンクが消えた後。


「ブラック―――お前――」

「―――度胸あるな」

「???」











はあ~いv

みんなのアイドル、ピンクで~すっv

ファンのみんな~!今日も元気~?

  ≪「元気で~す!!」byファン一同≫

今日もみんなのために、一生懸命歌うから、みんなも楽しんでいってね!!

  ≪「はぁ~い!!」byファン一同≫

















これで、お題4、UPってことですね。

あともう一本。

何とかなりそうです・・・、が、甘く見てると大変ですからね・・・(苦笑)



「――」←これは、都合により「・・・」の代わりに使っています。





それでは・・・(_ _)


PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
[04/22 菊桃]
[04/21 ぜろはち]
[04/21 夜志]
[04/20 最中]
[08/03 菊桃]
ブログ内検索
バーコード
忍者ブログ [PR]